ご予約・お問い合わせ03-5200-1188

診療時間 9:30-13:00 / 14:00-18:30
休診日 土・日・祝日

インプラント

  • インプラントは自身の歯と同様に、あごの骨で人工の歯を支えるため噛む力を維持できます。
  • インプラントは単独で自立しているため、ブリッジ・部分入れ歯のように他の歯を支えとせず既存の歯に負担を掛けずに済みます。
  • 治療を希望される患者様には事前に検査を行い、現在の口腔・骨の状態のご説明、治療計画、治療の選択肢、などを十分にご説明させていただきます。

インプラントは、チタン製のインプラント体をあごの骨に埋め込み、それが骨としっかり結合するのを待ってから、人工の歯を被せる治療法で主に噛む力、咬み合わせ、審美面(見た目)の回復を目的として行います。

インプラント治療は、次のような流れで行われます。

治療の流れ

1回目の手術

一回目の手術歯ぐきを開き、あごの骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます。しっかり固定するようにインプラントを埋め込み、歯ぐきを閉じます。 骨がインプラントと結合するまで、数ヶ月待ちます。(3ヵ月~6ヵ月)

2回目の手術

2回目の手術インプラントが骨と結合したら、もう一度歯ぐきを開いてインプラントの頭を出します。歯ぐきが治るまで待ちます。(2~4週間)

型とり

被せ物を作るために、型とりを行います。
歯ぐきが治るまで待ちます。時間をかけて、キレイな人工歯を作ります。(1~2週間)

治療終了~メインテナンス

治療終了~メインテナンス天然の歯と変わらない人工歯を、インプラントに装着します。治療が終わってからの1年は数ヶ月おきに、2年目以降は年1回、定期検診をお願いしています。インプラントがちゃんと入っているか、インプラント歯周炎になっていないかなどのチェックなどをします。

治療後に仮歯やインプラントが取れてしまった場合は、痛みがなくてもすぐにお越しください。

当院では患者様の心理的・身体的な負担を最小とするべく十分な検査・カウンセリングを行ったのち、安全なインプラント治療を行っています。

安全なインプラント治療のために

当院ではインプラント治療を希望される患者様には事前に検査を行い、現在の口腔・骨の状態のご説明、治療計画、治療の選択肢、などを十分にご説明させていただき、その上で患者様に治療方法をお選びいただいております。

インプラント治療をする前に

  • 歯科用CTで現在の歯・骨の状態を正確に把握いたします。
  • 歯周病などの基本治療を優先して行い、健康な口腔状態にいたします。
  • 体調・健康状態(妊娠中の方や全身疾患のある方など)に特別の注意が必要な方は十分な検査のうえ治療を行えるかを診断いたします。
  • あごの骨に十分な量がない場合、骨を増やす再生療法や、別のところの骨を移植する自家骨移植などの処置を行うことで治療が可能な場合もあります。
  • インプラントに使われるチタンは、体に埋入する医療用材料でもっとも安全であり、金属アレルギーの発症は他の金属に比べて10万分の1程度と、ほとんど発症しないことがわかっています。 治療の前にはあらかじめ金属アレルギーのパッチテストを行います。

手術について

  • インプラントの手術は、ほとんどの場合1日で終わります。入院の必要はありません。
  • 手術の際は局所麻酔を行います。詳しくは無痛治療をご覧ください。

インプラントの寿命

  • 15年で90%以上のインプラントが、しっかりと噛める状態を保っています。
  • 人工歯であるインプラントも、土台は歯ぐきや骨なので、歯周病になることがあります。 (インプラント周囲炎)
  • 歯周病の進行によって骨が溶けてしまうと、インプラントを支えることができなくなってしまいます。 定期検診を行うことでこのような事態を未然に防ぐことができます。
ページの先頭に戻る